--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

03.13

用意

本で読んだり教えていただいた物を用意

・タオル(使いこんでるのを用意)
 ※献血ありがとうタオルは
   こじたんが血液提供時にもらった(笑) 
・ガーゼ(100均)
・糸きりバサミ(100均)
 ※眉毛切りのような小さなハサミの方が
   使いやすいとアドバイスもらったのでこれは買い替え
・注射器
 ※普段の食欲からは信じられないだろうけど
  出産後お母さん犬の食欲が落ちるから
  その時ふやかしフードを口に入れてやるため。
  とアドバイスもらう。



動物用消毒液(人用なら薄めて使う)と
2kgまで量れるスケール(用意してたのは1kg用だった~)
体温計はOK
赤ちゃんの体重を記録するグラフを作ると便利だそうだよ。
それから 木綿の糸ね。。
もしも育児放棄した時のための
ミルクと哺乳瓶もOK

↓産まれた赤ちゃんの
 臨時避難場所箱・・・湯たんぽとバスタオル用意した。
a69.jpg


みなさんのアドバイスがとても助かります~
次回検診時には
出産ビデオで最終勉強する予定。

へそのをも人間が切ってやり
胎盤も食べさせない予定。
 ↑
下痢は大事な栄養が逃げていくから。

スポンサーサイト

用意
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

03.14

消毒液とはかり

↓消毒液頂きました~
  助かります。*^▽^)
a71.jpg

これで消毒液はOKだね

それから はかり・・
2kgまで量れるはかりはドコに売ってるん?と思ったら
なんと
今日、食材を買った生協の
500円ワゴンの中に
発見! ↓(3kgまで)
a72.jpg

いや~助かる。
必要なものが必要な時に安いのって
かなり助かるわ~~

最初は用意してた1kgまでのデジタルスケールで計量して
育ってきたらこっちの使おう~

用意
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

03.15

産箱改造

産箱を飼育箱として継続使用するには
汚れ防止策を取る必要アリ! と報告受ける
よって
早速産箱の改造実施

今まで↓はこれ



Start
箱の壁に新聞紙で”汚れてもOK壁”を作る
底にも厚めに新聞紙をひく

そして
新聞紙のクッションなるものを作成。

a76.jpg
※使い古したマクラカバーの中に
     丸めた新聞紙を詰めただけ。

ジャ~ン!
   出来たなり~↓所要時間10分弱。
                頑張りました。(爆) 
a77.jpg


ガサゴソ音が気になるかな?
  クータンのにおい着きのタオルと一緒に
   ほれ 寝てみ~ぃ
a78.jpg

いんでない?
  1回寝たら新聞紙クッションはペッチャンコだけどね。

↓こんな消毒も用意してあります。
a79.jpg

用意
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2006

04.04

生後6日目&出産後のあとがき

みどくんとしろたん
↓(※動画なのに動いているのはクータンだけ(×~×;)



┅┅┅┅┅┅┅┅↓出産後のあとがき↓┅┅┅┅┅┅┅┅
 
       :::用意したほうがいいもの:::

・カンシ
  ↑これ自宅になかったので借りてきてた
   カンシは必要。
   1本あるとスムーズに綺麗に臍のお切断作業ができる。
   絶対あったほうがいい。


・タオル
   ↑これは赤ちゃんの数×2倍以上あったほうがいい

・木綿の糸(臍のをを結ぶ)

・眉毛きりサイズのハサミ
    
・新聞紙
   ↑この上にタオルひいて膜を破ったり
    臍のおを切ったりした
    胎盤もここにタオルと一緒に積み重ねていった
    産後は丸めてポイ

・産箱にバスタオルのようなものをひく
   ↑母犬が陣痛の痛みをこらえるのに
    噛んだりした
    バスタオルを半分に縫い合わせてあったのに
    そうとう痛かったのか
    くわえて引っ張って
    そこらじゅう穴だらけになってた。

・哺乳瓶とスポイトと小犬用ミルク

・人手
   ↑一人より二人いたほうが
    何事もスムーズにできる。
 三人いると写真撮ったり出来る(子犬に向けてフラッシュの使用禁止)
      (家族または(犬的に)気心の知れた人。大勢いすぎはNG)

・子犬を温める湯たんぽorあったかシート(電気の)

・産箱付近を温める(冬場)パネルヒーターorオイルヒーター

・デジタル体重計
・体重測定時に子犬を入れる適当な入れもの

産まれたばかりの子犬には
ミルクよりも暖かさの方が大事
暖かさが不足していると生死にかかわる。

初乳は数時間飲まなくても大丈夫なので
もしもの時もあせらず 子犬を温める。

冷えた体では母犬のオッパイを飲む力も出ない。

直射日光をさけて子犬の管理をする
開眼しても、その後しばらくは
直射日光にあてない
レースのカーテンをあけないなどの工夫をしよう

強い光もNG
写真のフラッシュもしばらくは禁止。



子犬  体重の推移↓
 ...READ MORE?

用意
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。